『宝島』(真藤順丈著、講談社刊)

分厚いのにテンポよく読めてしまう。一言でいえば沖縄の戦後の若者群像。米軍の基地という強力な力に戦いを挑む若者たちの反社会的な活躍ぶりが小気味いい。著者の真藤さんは東京生まれなのに沖縄がリアルに立ち上がってくる。
沖縄の戦後史が若者を通じて語られる。それを改めてお勉強をさせられる感じもするが、手に汗握る若者の活躍ぶりがいい。本土にもこうした熱はあったはずなのに、いつの間にか飼いならされている。(木ノ内)










inserted by FC2 system