本文へスキップ

  明るく元気な里親家庭であってほしい。課題が生じてもすぐに立ち直れるような、そして子どもたちが未来を信じはばたけるような。

「おしゃべりの会」「読書会」を、また「里親の学校」を随時開いています。ご参加ください。

募集要項詳細

PMJフォスターファミリー奨学助成応募を締め切りました。
関東甲信越静のエリアの里親家庭から17件の応募をいただきました。
今後選考を行い、11月末までに結果をお知らせします。

2017年PMJフォスターファミリー奨学助成募集要項です

関東甲信越静エリアの児童相談所・里親会へ2016年9月に郵送しお伝えしています。

【募集期間】 2016年10月1日〜10月31日消印有効
@ 「PMJフォスターファミリー奨学助成」公募のお知らせ
  フィリップモリスジャパン株式会社・事務局より
A 募集要項
B 本人申請書
C (本人申請書)修学中の資金計画2017
D 里親申請書
E 記入にあたっての参考資料
F A4原稿用紙の参考例

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■2016年PMJフォスターファミリー奨学助成募集要項です
昨年は東京都9名・神奈川3名・山梨3名・栃木2名・静岡2名、群馬・新潟・茨城・埼玉から各1名で合計23名の申込みがあり、5人の奨学生が決まりました。
関東甲信越静エリアの児童相談所・里親会へ2015年9月に郵送しお伝えしています。


■2015年PMJフォスターファミリー奨学助成募集要項です
昨年は東京都8名・神奈川5名・埼玉5名・栃木1名・長野1名・千葉1名から22名の申込みがあり、5人の奨学生が決まりました。
関東甲信越静エリアの児童相談所・里親会へ2014年9月に郵送しお伝えしています。


■2014年PMJフォスターファミリー奨学助成募集要項です
昨年は東京都5名・神奈川4名・山梨1名・茨城1名・群馬1名・栃木1名・新潟1名から14名の申込みがあり、5人の奨学生が決まりました。
関東甲信越静エリアの児童相談所・里親会へ2013年9月に郵送しお伝えしています。


■2013年PMJフォスターファミリー奨学助成募集要項です
昨年は東京都4名・茨城3名・神奈川2名・静岡2名・栃木1名・千葉1名・から13名の申込みがあり、5人の奨学生が決まりました。
関東甲信越静エリアの児童相談所・里親会へ2012年9月に郵送しお伝えしています。


■2012年PMJフォスターファミリー奨学助成募集要項です
昨年は神奈川5名・東京都3名・山梨2名・千葉2名・栃木1名・静岡1名から14名の申込みがあり、5人の奨学生が決まりました。
関東甲信越静エリアの児童相談所・里親会へ2011年9月に郵送しお伝えしています。


■2011年PMJフォスターファミリー奨学助成募集要項です
昨年は東京5名・千葉4名・静岡3名・栃木2名・神奈川1名・茨城1名・新潟1名から17名の申込みがあり、5人の奨学生が決まりました。
関東甲信越静エリアの児童相談所・里親会へ2010年9月に郵送しお伝えしています。


■2010年度奨学生5名が決定しました! おめでとう・・!
申請者17名 [東京5名、千葉4名、静岡3名、栃木2名、神奈川1名、茨城県1名、新潟県1名]

■2010年PMJフォスターファミリー奨学助成募集要項です
昨年は神奈川県(5)・東京都(4)・埼玉県(3)・千葉県(1)・群馬県(1)・長野県(1)・新潟県(1)から16名の申込みがあり、5人の奨学生が決まりました。
関東甲信越静エリアの児童相談所・里親会へ2009年9月に郵送しお伝えしています。


■2009年度奨学生5名 2009.4.1 「出発(たびだち)を祝う会」と、交流会 を開催!
  当支援センターでは今年度から関東甲信越静エリアの里親家庭を対象に奨学制度の運用をはじめ、5名の奨学生が決まりました。
 奨学生と高校3年生になる皆さんとの交流会を持ち、その子たちにとって自分の将来への志をより確かなものにするための時になるよう、さらに同じ仲間との交流を深めてもらえる場となればと思います。
  多くの皆さんで、新たな世界に出発する奨学生をお祝いいたします!
奨学生イメージ
主催者を代表して、フィリップモリスジャパンのピーター・ニクソンさんが挨拶。

 参議院議員の南野知恵子さん
 厚生労働省家庭福祉課 児童福祉専門官の前河桜さん
 全国里親会常務理事の清水啓司さんからも、お話をいただきました。


参加してくれた奨学生・高校3年生たちの言葉をお伝えします!

●とても楽しく、素晴らしい時間を過ごすことができました。そこで私と同じように里子として暮らしていた人たちに出会い、そして普段ならばお会いできない方々に出会い、多くの事を学び、また様々なものを得ることができました。本当にありがとうございました。
 私は、これから本格的に大学生活が始まります。皆さんの大きく素晴らしい応援に応えられるよう、日々努力をしていきます。

●状況はそれぞれ違う人たちとも話せたり、自分と同じように夢をもって頑張っている人達のお話を聞くことができたり、とても良い経験をさせていただいたことにとても感謝しています。  奨学金を良い形で成績に反映できるよう、精一杯勉学に励もうと思います。
 温かく見守っていただけると幸いです。

●奨学生5名への「出発のお祝い」と交流会に参加できて良かったです。
 フィリップモリスジャパンという会社は、アメリカから来た会社ですが、日本の里子の学資を出してくれるそうです。今まで進学したくても出来なかった里子にとって、とてもうれしいことだと思います。
 先輩の奨学生さんは、アルバイトをしながら勉強して、就職先を自分で探して、大学に合格して立派だなと思いました。他の先輩方もいろいろ大変だったと思うけど、夢を持って頑張ってきたんだなと思いました。
 また、参議院議員の南野知恵子先生や厚生労働省の方まで、私達を励まして下さり、とてもありがたかったです。
 この会に出席して、また新しい友達が出来ました。みんな私と同じ高校3年生で、夢や希望を話していました。私も夢を持ってこれから頑張りたいと思います。
 フィリップモリスジャパンの皆様、千葉県里親家庭支援センターの皆様、これからも、私達里子をどうか支援してください。

●参議院議員の南野知恵子さんの「自分が不幸だとは思わないで!」というお話がとても印象に残りました。本当にその通りだと思いました。私もそう思わず、小さな幸せに目を向けてたくさんの幸せを感じ取れる大人になりたいです。
 奨学生の方は自分をしっかり持っていて、素晴らしい方ばかりでした。自分の過去の経験を生かして、人のために尽くそうとする方ばかりで、本当に感動しました。この会ではとても貴重な素晴らしい交流をさせていただきました。
 高校3年のこの1年間で自分にとって一番良い進路を探し、人のために尽くせる大人になりたいです。

●今までは、あまり同じ境遇にある人々との交流は少なかったのですが、この会によって様々な人々との交流を持つことができてうれしいです。
 先輩達のお話を聞いて、この奨学金制度はとても素晴らしいものであると再び感じました。また、数々の困難を乗り越えてきた先輩達の夢はとても凄いものであり、感動しました。ぜひ、その夢を叶えてもらいたいと思いました。
 私はまだはっきりした夢が浮かばないのですが、この先、先輩達のように人々の役に立てるような仕事や夢に出会うことができたらいいなと思っています。

●参加した理由は、各地から集まる里子さん達と交流をしたかったからです。参加して、いろいろな里子さんたちとお話ができて、本当に楽しかったです。もう少しその時間がほしかったです。そして、これからもっと参加者が増えたら交流の輪が広がるのになとも思いました。
たくさんの人のお話を聞けて、とても充実した時間でとても良かったです。

●今回の会に行けて良かったです。
里子の子と触れ合う機会はめったにないし、素晴らしい先輩方の姿を見て、自分も頑張りたいと思いました。
 夢に向かって不安はとてもたくさんあるけど、できる限り精一杯努力していろいろ頑張ります!!
 応援の言葉、ありがとうございました。


後日、家に戻った子ども達のお話を聞いた、里親さんからお便りをいただきました。
★本人は初めてのひとり旅で、緊張して上京したところ、皆様にあたたかく迎えられ、感激した様子でした。皆様の活動に敬意を表します。心より厚く御礼申し上げます。
★今回は近くで知り合いの高校3年の里子2人だけでの遠出で、どうなることやら・・と内心心配でしたが、2人で力を合わせて行くことができ、新幹線の乗り方や東京での乗り継ぎなど自信がついたようで、ひとまわり大きくなって帰ってきたように感じました。
★お祝いの会では、いろいろな方のお話をお聞きすることができ、先輩や仲間との交流もあったと、本人は大感激し大変喜んで帰ってきました。  何よりも、たくさんの方々との出会いのおかげで、前向きに頑張りたいという気持ちが今まで以上に高まったようでした。  帰ってきてからも、お知り合いになることができた他県の里子ちゃんとメール交換等が続いており、よい刺激になっているようです。これからも同じような気持ちを共有したり、共感できたりしたら、お互いに励みになるのではないかと思っております。  里親としても、このような機会を作ってくださったことに心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。


・・・ お便りやお話しをいただき、本当にありがとうございました。事務局より ・・・

バナースペース

里親支援の動きは全国で始まっていますが、どのような里親支援がよいのか、行政の側から考えるだけでなく、里親家庭の伴走者としてなにが可能かを考え、書いていきます。


千葉県里親家庭支援センターへの連絡は下記にメールをお願いいたします。
 

PMJフォスターファミリー奨学助成募集要項 inserted by FC2 system