本文へスキップ

  明るく元気な里親家庭であってほしい。課題が生じてもすぐに立ち直れるような、そして子どもたちが未来を信じはばたけるような。

「おしゃべりの会」「読書会」を、また「里親の学校」を随時開いています。ご参加ください。

PMJフォスターファミリー奨学助成のご案内

主催会社       
フィリップ モリス ジャパン合同会社
(2016年10月1日付で社名が変わりました)
事 務 局
特定非営利活動法人 千葉県里親家庭支援センター

当奨学助成制度は、フィリップ モリス ジャパンが2008年に設立し、当法人が事務局運営を担当しています。

助 成 概 要

助成目的       
さまざまな理由によって里親宅(ファミリーホームを含む)で養育されている児童の高校卒業後に進学する費用を助成することにより、児童の社会的自立、児童と里親の夢の実現を支援します。

対象エリア
関東甲信越静エリアの里親家庭
(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県)
助成人数
5名を上限とします。
助成内容
進学した学校の授業料等援助を目的として、年間50万円とします(返済不要)。
他の奨学金との併願も可能です。
助成期間
1年次から進学した学校の最短卒業年次までとします。
申請は単年度ごととします。

※この他、助成対象者の条件等の詳しい内容につきましては募集要項等をご確認ください。

募集要項、申請書類等

2018年奨学生(第10期生)募集に関する書類一式です。
2018年春に進学を希望する方が申請される際は、こちらをご使用ください。
募集期間は2017年10月1日~10月31日(当日消印有効)です。
同書類につきましては9月上旬に郵送にて、対象エリアの里親会と児童相談所にもご案内いたします。

「PMJフォスターファミリー奨学助成」公募のお知らせ
募集要項
本人申請書
就学中の資金計画
里親申請書
記入に当たっての参考資料
A4原稿用紙の参考例

過去の申請状況

助成開始年度ごとの申請状況をお知らせします。
この中から毎年5人の奨学生が選考され、進学しています。


■2017年奨学生(第9期生)募集
東京都7人、神奈川県3人、千葉県2人、茨城県・埼玉県・山梨県・長野県・静岡県から各1人で合計17人から申請

■2016年奨学生(第8期生)募集
東京都11人、埼玉県・千葉県から各3人、栃木県2人、山梨県・長野県・静岡県から各1人で合計22人から申請

■2015年奨学生(第7期生)募集
東京都9人、神奈川県・山梨県から各3人、栃木県・静岡県から各2人、群馬県・新潟県・茨城県・埼玉県から各1人で合計23人から申請

■2014年奨学生(第6期生)募集
東京都8人、神奈川県・埼玉県から各5人、栃木県・長野県・千葉県から各1人で合計22人から申請

■2013年奨学生(第5期生)募集
東京都5人、神奈川県4人、山梨県・茨城県・群馬県・栃木県・新潟県から各1人で合計14人から申請

■2012年奨学生(第4期生)募集
東京都4人、茨城県3人、神奈川県・静岡県から各2人、栃木県・千葉県から各1人で合計13人から申請

■2011年奨学生(第3期生)募集
神奈川県5人、東京都3人、山梨県・千葉県から各2人、栃木県・静岡県から各1人で合計14人から申請

■2010年奨学生(第2期生)募集
東京都5人、千葉県4人、静岡県3人、栃木県2人、神奈川県・茨城県・新潟県から各1人で合計17人から申請

■2009年奨学生(第1期生)募集
神奈川県5人、東京都4人、埼玉県3人、千葉県・群馬県・長野県・新潟県から各1人で合計16人から申請


バナースペース

里親支援の動きは全国で始まっていますが、どのような里親支援がよいのか、行政の側から考えるだけでなく、里親家庭の伴走者としてなにが可能かを考え、書いていきます。


千葉県里親家庭支援センターへの連絡は下記にメールをお願いいたします。
 

inserted by FC2 system