本文へスキップ

  明るく元気な里親家庭であってほしい。課題が生じてもすぐに立ち直れるような、そして子どもたちが未来を信じはばたけるような。

「おしゃべりの会」「読書会」を、また「里親の学校」を随時開いています。ご参加ください。

第92回 里親の学校

テーマ:自然災害と里親家庭

内容:

大規模な自然災害が増えてきているように感じます。大災害が起こった時に、子どもを預かっている里親はどうしたらいいのか、児童相談所はどのようにしたらいいのか、また一般の家庭や市町村とどう連携していったらよいのか、参加者の皆さんで考えてみたいと思います。
 東日本大震災の時には、児相が、里親家庭が被災にあって子どもを引き上げようとしたが、里親はこうした時こそ一緒に暮らしたいと言っていました。また孤児が増えて親族里親が増えました。親族里親によらない近隣里親の必要性なども一部で検討されました。大災害の時に、里親は何ができるのか、についても考えてみたいと思います。

<参考>昨年秋の台風では千葉県の里親家庭だけで36件(屋根破壊、家屋・車の破壊、停電、断水等)の被害が出ています。


日時・場所

発 表
参加者での話し合い
日 時       
2020年2月8日(土) 午後1時30分~3時30分
場 所
いちかわ情報プラザ 3階305会議室
市川市南八幡4-2-5
本八幡駅(総武線)南口出口から徒歩約1分
参加費
500円  会員は無料
お申込み方法
「第92回里親の学校に参加する」として下記までお申し込みください。
会場が狭く15名ほどで締め切らせていただきます。

fosterfamily926@gmail.com

携帯 090-2251-4209(木ノ内)
主催       
千葉県里親家庭支援センター

過去の里親の学校 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年


特定非営利活動法人 千葉県里親家庭支援センターとは
 里親家庭のニーズに即した支援活動をしている団体です。里親家庭からの各種相談、家庭養護に関する勉強会「里親の学校」の開催。その他、自治体からの受託事業などをしています。当センターの特徴は、活動に関わる職員がすべて里親、元里親です。里親に寄り添った支援を行っています。入会金1000円、年会費1000円。



バナースペース

里親支援ブログ
里親支援の動きは全国で始まっていますが、どのような里親支援がよいのか、行政の側から考えるだけでなく、里親家庭の伴走者としてなにが可能かを考え、書いていきます。

千葉県里親家庭支援センター

特定非営利活動法人
千葉県里親家庭支援センターとは


NPO法人
千葉県里親家庭支援センター
個人情報保護方針



千葉県里親家庭支援センターへの連絡は下記にメールをお願いいたします。
 

inserted by FC2 system