本文へスキップ

  明るく元気な里親家庭であってほしい。課題が生じてもすぐに立ち直れるような、そして子どもたちが未来を信じはばたけるような。

「おしゃべりの会」「読書会」を、また「里親の学校」を随時開いています。ご参加ください。

第76回 里親の学校

テーマ:突然の別れと里親


内容:
さまざまな理由で、委託されている子どもと突然の別れを経験した里親がいます。その経験による心の傷はなかなか癒せません。里親だけでなく子どもにとっても同様のことが言えるでしょう。そうしたことない委託の方法を探ります。突然の別れを経験した当事者(ユース)にもぜひ参加していただきたいと思っています。

日時・場所

発 表
皆さんでの話し合い
若干の資料を用意します。
日 時       
2019年 4月7日(日) 午後1時30分~3時30分
場 所
いちかわ情報プラザ 3階305会議室
市川市南八幡4-2-5
本八幡駅(総武線)南口出口から徒歩約1分
参加費
500円(資料代) 会員は無料
お申込み方法
「第76回里親の学校に参加する」として下記までお申し込みください。メールの他ファックスなどでもかまいません。
会場が狭く15名ほどで締め切らせていただきます。
fosterfamily926@gmail.com
FAX 047-373-1063
携帯 090-2251-4209(木ノ内)
主催      
NPO法人 千葉県里親家庭支援センター


第77回 里親の学校(短期シリーズ勉強会 全5回)

テーマ:社会的養護児童とアドボカシー(その1回)


内容:
意見表明は子どもの権利の基本です。それを保障するためにはアドボカシーを正しく理解する必要があるでしょう。今回は入門シリーズとして、『社会的養護児童とアドボカシー ――意見表明権の保障を目指して』(栄留里美著、明石出版)をテキストにして学んでいきたいと思います。

日時・場所

発 表
皆さんでの話し合い
レポーター 木ノ内博道
資料を用意します。テキスト購入の必要はありません。
日 時       
2019年 4月14日(日) 午後1時30分~3時30分
場 所
いちかわ情報プラザ 3階305会議室
市川市南八幡4-2-5
本八幡駅(総武線)南口出口から徒歩約1分
参加費
500円(資料代) 会員は無料
お申込み方法
「第77回里親の学校に参加する」として下記までお申し込みください。ファックスでもかまいません。
会場が狭く15名ほどで締め切らせていただきます。
fosterfamily926@gmail.com
FAX 047-373-1063
主催       
千葉県里親家庭支援センター


第78回 里親の学校

テーマ:国連子どもの権利委員会、日本政府報告への総括所見について


内容:
子どもの権利条約の批准状況について日本政府が提出した第4・5回報告書に対して審査が行われ、本年2月に総括所見がでました。このなかから、代替養育を中心に総括所見、勧告を見ていきたいと思います。

日時・場所

発 表
皆さんでの話し合いを中心に
レポーター 木ノ内博道(子どもの権利条約総合研究所研究員)
総括所見など資料を用意します。
日 時       
2019年 5月11日(土)午後2時00分~4時00分
場 所
いちかわ情報プラザ 3階305会議室
市川市南八幡4-2-5
本八幡駅(総武線)南口出口から徒歩約1分
参加費
500円(資料代) 会員は無料
お申込み方法
「第78回里親の学校に参加する」として下記までお申し込みください。ファックスでもかまいません。
会場が狭く15名ほどで締め切らせていただきます。
fosterfamily926@gmail.com
FAX 047-373-1063
主催       
千葉県里親家庭支援センター





過去の里親の学校 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年


特定非営利活動法人 千葉県里親家庭支援センターとは
 里親家庭のニーズに即した支援活動をしている団体です。里親家庭からの各種相談、家庭養護に関する勉強会「里親の学校」の開催。その他、自治体からの受託事業などをしています。当センターの特徴は、活動に関わる職員がすべて里親、元里親です。里親に寄り添った支援を行っています。入会金1000円、年会費1000円。



バナースペース

里親支援ブログ
里親支援の動きは全国で始まっていますが、どのような里親支援がよいのか、行政の側から考えるだけでなく、里親家庭の伴走者としてなにが可能かを考え、書いていきます。


千葉県里親家庭支援センターへの連絡は下記にメールをお願いいたします。
 

inserted by FC2 system